EY税理士法人
ライブラリー

ウェブキャスト: 相続税・贈与税の改正と世界財産に対する課税

世界中で富裕層に対する課税が強化されています。新税導入や税制改正により課税対象が拡大され、各国税務当局の調査執行体制も強化されています。日本も例外ではなく、新聞報道等でも富裕層への課税強化がさかんに報道されています。

そこで、EY税理士法人では、世界で活躍される日本人の皆様、プライベートバンクのご担当者様を対象に、緊急Webcastセミナー「相続税・贈与税の改正と世界財産に対する課税」を開催することになりました。

現在、オンデマンドで視聴可能となっております。是非、ご視聴ください。

開催詳細

開催日時 2016年12月21日(水)17:00~17:45(日本時間)
視聴

※オンデマンド視聴を希望される方は、上記ボタンからご登録をお願いします。


アジェンダ

  • 海外居住者に対する相続税・贈与税の課税範囲の改正と対応策(5年から10年へ)
  • 個人所得税におけるタックスヘイブン税制の概要と改正の影響
  • 国外財産調書、共通報告基準(Common Reporting Standard :CRS)、FATCAの概要とその影響
  • 2016年12月8日に発表された自民党税制改正大綱の概要

講師

  • 関谷 浩一(EY税理士法人 パートナー)
  • 宇野 嘉晃(EY税理士法人 パートナー)
  • 飯塚 天(EY税理士法人 エグゼクティブディレクター)
  • 坂本 有毅(EY弁護士法人 エグゼクティブディレクター)

※内容・講師は一部変更になる可能性がございます。予めご了承願います。


  • 同業者の方からのご登録につきましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 申込みによってお知らせいただいた皆様の個人情報につきましては、当法人グループ及びEY Japanの開催するセミナー/イベント等のご案内に利用させていただきます。