EY税理士法人
ライブラリー

ウェブキャスト: BEPS時代の移転価格調査対応(寄付金課税を含む)

BEPS時代において、移転価格調査の枠組みはどのように変化していくのでしょうか。G7やG20をはじめとした各国のBEPSへの取組みの本質は、「課税対象所得の歪んだ配分の防止」とそのための「企業グループ活動に対する情報収集システムの構築であり、情報収集ネットワークを構築することによって企業の申告水準を牽制することです。この牽制システムは税務調査の実施によって担保されていることは明白ですし、このことが移転価格調査の枠組みに大きな質的変化をもたらすことも明らかです。

そこで、EY税理士法人では、今、高い関心を集める、「移転価格調査対応」に関するウェブキャストを開催することとなりました。 ウェブキャストでは、まず移転価格調査の概要をご説明した上で、BEPS時代においては調査にどのような質的転換が起こり、どう対応していくことが望まれるのかをご説明します。

また併せて、近年、海外子会社との間の棚卸取引等、企業の主業務での取引においても多額の寄附金課税や重加算税が課されたという新聞記事を目にすることが多くなりました。これらの実態や背景、またその対策等についてもお話しします。

現在、オンデマンドで視聴可能となっております。是非、ご視聴ください。

開催詳細

開催日時 2016年11月25日(金)12:00~13:15 
視聴

※オンデマンド視聴を希望される方は、上記ボタンからご登録をお願いします。

講師

  • 佐藤 佳子(移転価格部 エグゼクティブ ディレクター)
  • 竹内 茂樹(移転価格部 シニアマネージャー)

  • 同業者の方からのご登録につきましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 申込みによってお知らせいただいた皆様の個人情報につきましては、当法人グループ及びEY Japanの開催するセミナー/イベント等のご案内に利用させていただきます。