EY税理士法人
ライブラリー

ウェブキャスト: 移転価格担当者が知っておくべき周辺情報

BEPSの行動計画13については、各国で法制化が着々と進み、日本でも3月末決算企業においては、同月末にCbCRとマスターファイルの提出期限、そしてその申告期限には義務化されたローカルファイルの作成期限がやってきます。

そして問題はこれからです。各国の税務当局はBEPS行動計画により、これまでと比べて飛躍的に多くのグローバルな企業情報を容易に入手するシステムを作り上げました。これにより、移転価格を取り巻く状況は徐々に変化しつつあります。そこで今回のウェブキャストでは、その変化しつつある様々な状況にスポットライトを当て、日頃これらの課題と格闘しているEY移転価格の専門家がディスカッションを行い今後の展開を予測します。国税当局の最新の動きについてもフォローし、以下のような課題に沿って、お話しします。

  • 新興国での二重課税問題(潜在的なものを含む)にどう対処していけばいいか
  • 国税当局による企業訪問等(移転価格文書化関連)について
  • 文書化が移転価格調査に与える影響
  • 価格調整金の問題、等

現在、オンデマンドで視聴可能となっております。是非、ご視聴ください。

開催詳細

開催日時 2018年2月8日(木曜日)12:00~13:00 
視聴

※オンデマンド視聴を希望される方は、上記ボタンからご登録をお願いします。

※フリーのメールアドレスでのご登録はできません。

ウェブキャスト視聴のトラブルシューティングはこちらからご確認ください。

スピーカー

  • 佐藤 雅弘(EY税理士法人 移転価格部 エグゼクティブ ディレクター))
  • 石川 智恵子(EY税理士法人 移転価格部 シニアマネージャー)
  • 白樫 恵(EY税理士法人 移転価格部 マネージャー)

モデレーター

  • 竹内 茂樹(EY税理士法人 移転価格部 エグゼクティブ ディレクター)

  • 同業者の方からのご登録につきましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 申込みによってお知らせいただいた皆様の個人情報につきましては、当法人グループ及びEY Japanの開催するセミナー/イベント等のご案内に利用させていただきます。