EY税理士法人
ライブラリー

Tax Insights for business leaders No.20
変わりゆく間接税にどう対応していきますか?

tax insights

間接税は今日、多くの国で一般的になっており、食品、衣料品、ガソリン、酒類やチョコレートなどの嗜好品に加え、携帯電話の料金にも課せられています。

以前から間接税は政府にとって都合の良い課税方法でした。企業や個人事業主の利益が確定してから課税徴収する法人税や所得税とは違い、間接税は取引の発生時点で徴収できます。デジタル化がこのような課税制度を後押しし、今後も技術革新によりさらに広まっていくと思われます。

消費者にとって、160を超える国・地域で採用されている付加価値税(VAT)や物品サービス税(GST)は最も身近なわかりやすい税金です。他方で、企業は多様な間接税に対応していく必要があります。物品税、関税、炭素税をはじめ、様々な間接税が存在し、その種類はグローバルな取引や取引協定が拡大する中でさらに増え続け、間接税の納税に関する法令やルールをさらに複雑にしています。

本号の日本版では、下記について掲載しています。

  • 物品税の拡大 (PDF:7.2MB)
    物品税は、砂糖などにも新たに課税され始めています。
    これにより、消費者の行動を変化させる一方で、ビジネスモデルを混乱させる可能性もあります。
  • 戻ってこない還付金 (PDF:4.5MB)
    煩雑ではないはずのVAT/GSTの還付手続きですが、実際には、そのための時間と費用の負担が小さくありません。
  • 劇的に変化する間接税の動向を見据えた対策とは (PDF:1.9KB)
    • 激動を迎えるFTA
    • デジタル時代にますます重要となるVAT/GSTマネジメント
  • ブレグジットの手引き (PDF:1.1MB)
    ブレグジットへの備えは英国だけの問題ではありません。これにより、欧州企業は、輸出、サプライチェーン、研究開発(R&D)への影響を考慮することが必要です。

本Tax InsightsをPDFでDownload (PDF:11.3MB)


英語版を見る