EY税理士法人
ライブラリー

Tax Insights for business leaders No.15
人材戦略と税務

tax insights

組織が成功するために必要なスキル(統率力や戦略的思考)と若手の管理会計や財務専門職の持っているスキルに大きな隔たりがあることが明らかになりました。

税務の範囲や役割は、常に変化しています。グローバル化、透明性、デジタル化など既存の価値基準を打破する波が押し寄せ、それに対して監督機関による審査が強化され、ビジネスモデルは複雑化しています。

こうした変化は税務専門家のスキル内容にどのような影響を与えるのでしょうか?強力な専門志向が重要であることは、今も変わらず常にあり ます。しかし、税務専門家には、これまで以上にバランスの取れたスキルセットが必要になります。また、グローバル化から多様性が生じており、国境を越えた人材の広がりと熾烈な人材獲得競争により、多世代、多文化、そしてジェンダーにおいて、バランスのとれた社員に対する需要が生まれています。

今回のTax Insightsでは、税務人材の重要性が増していること、そして、ビジネスの変化並びに強固な税規制環境によって急速に変化する税の世界に対応しながら、今後に向けた税務人材を採用、定着、育成するためにリーディングカンパニーはどのようなことをしているのかを検証します。

本号の日本版では、下記について掲載しています。

  • タレントマネジメント戦略の参加者
    優秀な人材を発掘し定着させるためには、人材に対する急進的な戦略的アプローチが必要です。 では、企業はそうしたアプローチをどのようにして行うのでしょうか?
  • 日本企業が海外で人材マネジメントを成功させる鍵は?
    人材マネジメント成功への最大の鍵は「役割」です。組織づくり、採用、報酬、目標設定、昇格、 選抜、育成、異動、キャリアパスなど、全ては「役割」を明確化することから始まります。
  • 税務人材の育成
    労働市場では新しい税務人材が逼迫しており、企業はこれまで以上に効果的な人材採用アプローチ、 モチベーションを上げる新しい方法、革新的な訓練プログラムに注目しています。
  • 未来の仕事環境
    今日、様々なビジネスで、税務機能に対して異なる能力を求めています。 税務の専門家は、この変化を受け入れ、さらに進化する必要があります。
  • グローバル人材の課題の解決
    先進国ではテクノロジーと資本を有し、開発途上地域では人が増えています。 企業は、どのように採用戦略を将来の人口構成の変化に合わせていけばよいのでしょうか?
  • ついにクリティカルマス達成へ
    フォードモーター最高税務責任者インタビュー

    ダイアン・ドッシン(フォードモーター社の最高税務責任者) が取材に答え、税務のプロの驚くべき平等主義について述べています。


本Tax InsightsをPDFでDownload(2.9MB)


英語版を見る