EY税理士法人
ライブラリー

Tax Insights for business leaders No.12
透明性

tax insights

透明性のサイクル

企業は常に、より高い透明性に対する税務当局、政治家、アクティビスト、メディアや一般社会からの要求に直面しています。政府もまた、新しい法律の整備や税収の支出などについて、さらなる透明性と説明責任を持たなければならないという圧力にさらされています。税の透明性という考え方は、常に一定のものではなく、新しいイニシアティブ、法案や法律がまずは定められ、次に広範囲のステークホルダーにより評価されます。こういった様々なグループの要求や関心は、透明性のサイクルで変化し続け、このサイクルが繰り返されます。

本冊子では、税務、トレンド、新たな展開がどのように企業や経済に影響を与えるかについて、詳細情報を提供します。 掲載記事には、世界中の実業界、学術界、政府から集められた意見が含まれています。本号の日本語版では、下記について掲載しています。

  • 本社主導型税務マネジメントの確立に向けて
  • 透明性を定義する
    より多くの情報開示を求めるプレッシャーが高まるにつれ、様々な見解が生まれ、透明性の明確な水準を定義しようとする取り組みが複雑になっています。
  • 新しい時代
    税務がより可視化されることへの要求はさらに強くなってきており、企業はそれに適応する必要があります。
  • 国別報告書(CbCR)の提出への備えは万全ですか?
  • 風評リスク対策
    税に関するコミュニケーションを効果的に行う戦略は、風評リスクの対処に役立ちます。積極的な行動をとる必要もありますが、同時に公開される情報レベルと情報発信の仕方を管理する必要もあります。


本Tax InsightsをPDFでDownload(2.3MB)


英語版を見る