EY税理士法人
ライブラリー

税務・財務部門の将来像 進むべき方向性を探して

税務・財務部門の将来像 進むべき方向性を探して

世界各国の1,722社(うち日本企業は77社)に上る大企業の上級幹部を対象とした今回の調査において、84%の企業が現在目指している業務モデルに改善すべき点があり、その対策を講じていると述べています。このことは、税務・財務部門が、デジタル化や透明性の向上、世界各国における税制改正に対応するため、奮闘していることを示しています。

(下の図をクリックすると拡大します)


(下の図をクリックすると拡大します)

本調査は、ユーロマネー・インスティテューショナル・インベスター・ソートリーダーシップが実施しました。フォーブズ・世界企業ランキング500に選ばれた大手公開企業のうち63%から回答が寄せられました。今回の調査では、デジタル化などの環境変化に対するプレッシャーにうまく対応し、コスト削減時代においても価値を生み出せるよう、税務・財務部門の大胆な改革の必要性が認識されていることを示しています。一方で、多くの企業が適切な解決策をなかなか見いだせていないことも示しています。



税務・財務部門の将来像 進むべき方向性を探してをPDFでDownload (1.68MB)