EY税理士法人
ライブラリー

自己株式の会計・税務と法務Q&A

自己株式の会計・税務と法務Q&A
  • 出版社
    清文社
  • 価格
    3,800円(税抜き)
  • 発行年月
    2013.03

概要

自己株式は、いまや上場会社にとって、資本効率向上や株価対策、株主還元目的での取得・処分、組織再編への活用、従業員のインセンティブへの利用など、企業経営の様々な局面において活発に活用されるものとなっています。一方、未上場会社においても、事業承継への活用や株主対策などの資本政策をはじめとして、自己株式を経営戦略に活用する事例が増加しています。また、近年では、従業員株式所有制度(日本版ESOP)に自己株式が活用されるケースが登場するなど、今後も自己株式の利用がますます進むことが想定されます。
本書では、会計、税務、法務の各観点から、自己株式を取得し、保有した上で、処分に至るまでの一連の取引における諸制度や処理実務を中心にQ&A形式で解説を行っています。

目次

第1章 自己株式の制度の概要
第2章 自己株式の取得
第3章 自己株式の保有
第4章 自己株式の処分
第5章 自己株式の消却
第6章 種類株式と自己株式
第7章 企業再編における自己株式の利用
第8章 新株予約権行使時における自己株式の利用
第9章 財務諸表における自己株式の表示
第10章 自己株式と連結財務諸表