EY税理士法人
ライブラリー

仕訳からわかる新公益法人会計と税務(第3版)

仕訳からわかる新公益法人会計と税務(第3版)
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格
    4,000円(税抜き)
  • 発行年月
    2009.02.10

概要

ここ数年の公益法人をめぐる制度改革、会計基準改正は目まぐるしいものがあります。平成16年に公益法人会計基準と同運用指針が改正され、平成18年4月1日以後開始する事業年度から実施されました。
さらに、いわゆる公益法人制度改革法は平成18年5月に成立(6月2日に施行)し、平成20年12月1日より新制度が始まりました。これに伴い、公益法人会計基準と運用指針が平成20年4月11日に再度改正され、平成20年12月1日以後開始する事業年度から随時実施されることになりました。
本書では、現在、ほとんどの公益法人が採用している平成16年に改正された会計基準にかかわる日本公認会計士協会公表の実務指針や各種取扱いに沿って、実務上問題になるような事項を加味し関連箇所の改訂を行ない、さらに、公益法人制度改革法の要点と実務上のポイントや平成20年改正基準の概要、そして、制度改革に伴って大幅に見直された公益法人の税務を分かりやすく解説しています。本書が公益法人の関係者の方々に、引き続きお役に立てれば幸いです。

目次

  • 第1章 公益法人会計とは
  • 第2章 公益法人制度改革法のポイント
  • 第3章 平成20年改正の新公益法人会計基準の概要
  • 第4章 公益法人会計の基礎用語
  • 第5章 取引と仕訳
  • 第6章 仕訳帳,元帳と補助簿
  • 第7章 平成16年改正基準のポイントとなる会計処理
  • 第8章 公益法人の税務
  • 第9章 公益法人の決算
  • 第10章 収支予算書と収支計算書
  • 第11章 総合問題
  • [資 料]