EY税理士法人
ライブラリー

米国、法人税率引下げに伴う混合税率適用例を公表

US tax alert 2018年4月23日号

米国IRSは2018年4月16日にNotice 2018-38にて、法人税率引下げに伴う混合税率適用例を公表しました。

米国税制改正において法人税率は21%に引き下げられ、また法人に対する代替ミニマム税(AMT)は撤廃されています。Noticeは暦年以外の課税年度を採択している法人による混合税率適用法を、例示を用いて解説しています。3月決算の多い日本企業には参考になるガイダンスとなっています。

通常の法人税は、従来の15%~35%の累進税率から2018年1月1日以降は21%に引き下げられています。AMTは従来20%でしたが、2018年1月1日以降は撤廃されています。12月31日が期末でない法人については、課税年度内に税率変更が発生することから、改正前後の税率を日数加重平均する形で法人税の算定を行うこととなります。

※本アラートの全文は、下記PDFからご覧ください。


US tax alert 2018年4月23日号をPDFでDownload (154KB)