EY税理士法人
ライブラリー

一時帰国中の海外赴任者に関する税務上の留意点

Japan tax alert 2020年3月18日号

コロナウィルスの影響で、中国を中心に海外赴任者の一部を日本に一時帰国させ、日本で勤務させているケースは多いのではないでしょうか。
そこで本アラートでは、海外赴任者を日本に一時帰国させた場合に生じる税務面の問題についてご紹介します。

税務面のポイント:

  • 一時帰国中の海外赴任者の日本払給与のうち、日本勤務期間分は20.42%で課税が必要(今後支払う日本払賞与についても、日本勤務期間分について20.42%で課税が必要)
  • 上記の所得税を会社負担する場合はグロスアップ計算が必要
  • 会社負担した日本の所得税は現地でも課税の対象になる可能性あり

コンテンツ

  1. 一時帰国中の日本の所得税の取り扱い~給与ではなく賞与にも影響が生じることに
  2. 所得税を誰が負担するのか
  3. 赴任国の個人所得税への影響
  4. まとめ

※本アラートの詳細は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2020年3月18日号をPDFでDownload (162KB)