EY税理士法人
ライブラリー

OECD、国別報告書に関する追加指針および報告書作成の際の多国籍企業グループによる共通するエラーの概要を公表

Japan tax alert 2019年11月21日号

エグゼクティブサマリー

経済協力開発機構(OECD)は2019年11月5日、税源浸食と利益移転(BEPS)行動13の国別報告書の実施と運用について、税務当局と多国籍企業(MNE)グループにより高い確実性を提供するための追加指針を公表しました。

その結果、国別報告書の実施に関する現行の指針が更新され、配当の取扱い、みなし上場規定、12カ月以外の会計期間、ローカルファイリングの要件および運用、四捨五入した金額の使用、使用したデータ・ソースに関して提供しなければならない情報などに関する質疑応答が含まれるようになりました。

OECDはまた、MNEグループが国別報告書を作成する際に犯す共通するエラーの概要を発表しました。エラーの概要を発表した目的は、MNEグループがこれらのエラーを回避し、税務当局がエラーの発生を検出できるようにすることにあります。

※本アラートの詳細は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2019年11月21日号をPDFでDownload (123KB)