EY税理士法人
ライブラリー

インド、長期化している係争の決着を目指す間接税解決スキームを導入

Japan tax alert 2019年9月26日号

2017年7月の物品サービス税(GST)導入によって、インドでは従来の州および中央レベルでの18もの間接税、関税、課徴金のほとんどが新しい仕向地ベースの消費税に置き換えられました。しかし、かつての中央物品サービス税に関するものを含め、以前の税制に関連する多くの係争が未解決のままであり、進行中のすべての係争対象税額の合計は3.75兆ルピー(約500億米ドル)を超えています。

これら進行中の係争に係る実質的な在庫を精算するために、政府は長期化している(レガシー)係争解決スキームの導入を提案しています。これにより納税者は、過去の間接税に係る税務係争を有利な条件で決着することができます。この提案では、利息、ペナルティおよび訴追の免除とともに、未払税額の40%から70%の減免が認められます。

納税者は、このスキームの長所と短所を評価し、発効後にこれを使用することが有利かどうかを検討する必要があります。

※本アラートの詳細は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2019年9月26日号をPDFでDownload (124KB)