EY税理士法人
ライブラリー

研究開発税制 - 特別試験研究費税額控除制度ガイドライン(平成31年度版)およびサービス開発に係るQ&Aの公表

Japan tax alert 2019年7月18日号

令和元年7月、経済産業省より特別試験研究費税額控除制度ガイドライン(平成31年度版)(以下、「ガイドライン」)1、2およびサービス開発に係るQ&A(以下、「サービスQ&A」)3が公表されました。

平成31年度税制改正およびガイドラインの改訂では、研究開発の「質」の向上に向け、企業のオープンイノベーションや研究開発型ベンチャー企業の成長を促す措置として、特別試験研究費税額控除制度(以下、「オープンイノベーション型」)の対象となる相手先の拡大、一部の控除率引上げおよび控除上限の引上げが行われました。

サービスQ&Aでは、平成29年度税制改正において税額控除の対象に加えられた「対価を得て提供する新たな役務の開発(以下、「サービス開発」)」に関するいくつかの取扱いが、Q&A方式で明らかにされました。

※本アラートの詳細は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2019年7月18日号をPDFでDownload (182KB)