EY税理士法人
ライブラリー

OECD、行動14ミニマムスタンダードの実施状況に関する日本のピアレビュー報告書を公表

Japan tax alert 2019年1月31日号

エグゼクティブサマリー

2018年8月30日、経済協力開発機構(OECD)は、BEPS行動14(紛争解決メカニズムの有効性向上)ミニマムスタンダードの実施状況に関して、第四グループのピアレビュー報告書を公表しました。日本は、第四グル―プに属する評価対象国・地域の一つです。日本はOECDに対し、行動14のベストプラクティスを採用したことに関するフィードバックも提供するよう要請したため、OECDは、ピアレビュー報告書に加えて、ベストプラクティス報告書も併せて発表しました。

全体として、報告書は、日本が行動14ミニマムスタンダードの要素の大部分を満たしていると結論付けています。

※本アラートの詳細は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2019年1月31日号をPDFでDownload (197KB)