EY税理士法人
ライブラリー

EU共同移転価格フォーラムが移転価格コントロールに対する協調的アプローチに関する報告書に加え、仲裁協定に基づくAPA及び係属中のMAPに関する統計データを公表

Japan tax alert 2018年12月6日号

エグゼクティブサマリー

2018年10月、欧州連合(EU)の共同移転価格フォーラム(Joint Transfer Pricing Forum、以下、「JTPF」)が、「移転価格コントロールに対する協調的アプローチに 関する報告書(Report on a coordinated approach to transfer pricing controls 外部ウェブサイトへ)」(以下、「本報告書」)を公表しました。それに加え、「2017年末時点に おけるEUの事前確認(APA)に関する統計データ(Statistics on Advance Pricing Agreements 外部ウェブサイトへ)」)及び「2017年末時点における仲裁協定に基づく係属中の相互協議(MAP)に関する統計データ(Statistics on Pending Mutual Agreement Procedures (MAPs) under the Arbitration Convention at the end of 2017 外部ウェブサイトへ)」)も公表しました。

本報告書では、納税者と税務当局の双方に向けて様々な提言を行うことによりベストプラクティスを定めるとともに、移転価格コントロールの分野における協力の強化を推奨しています。JTPFは、協調的移転価格コントロール(coordinated transfer pricing control)アプローチの利点を認識しており、例えば、共同移転価格コントロールを効果的かつ効率的に実施するための国内法の枠組みを導入又は修正することなどにより、移転価格コントロールの分野における協力を強化することを推奨しています。本報告書は、共同調査、同時調査及び多数国間コントロール(Multilateral Control)について議論しています。それに加え、組織問題、納税者の権利と義務及び共同移転価格調査の様々な段階に関わる協調的移転価格コントロールとの関連で包括的ガイドラインと一連のベストプラクティスも提供しています。

※本アラートの詳細は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2018年12月6号をPDFでDownload (198KB)