EY税理士法人
ライブラリー

オランダ財務相、独立企業原則とOECDの指針に関する新たな法令を公表

Japan tax alert 2018年6月7日号

エグゼクティブ・サマリー

2018年5月11日、オランダ財務相(以下、「財務相」)は移転価格に関する新たな法令(以下、「同法令」)を発表しました。同法令には、G20/経済協力開発機構(OECD)の税源浸食と利益移転(BEPS)プロジェクトに基づくOECDの「多国籍企業及び課税当局のための移転価格算定に関する指針」(以下、「OECD TPG2」)の修正、及びオランダの判例法の具体的な進展を踏まえ、多数の新たな項と変更が含まれています。

財務相は同法令を通じて、オランダにおける独立企業原則とOECD TPGの適用に関連するオランダ課税当局の立場に関する情報を提供しています。同法令は独立企業原則の中でOECD TPGが解釈の余地を残している又は曖昧な箇所についてさらなる解釈を提示しています。これらの洞察は、オランダ課税当局が同様なケースにおいて示す可能性のある見解を、納税者が評価する上での助けとなり得ます。


※本アラートの全文は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2018年6月7日号をPDFでDownload (212KB)