EY税理士法人
ライブラリー

タイ(財務省)歳入局は、国外のEビジネス事業者を対象とした付加価値税(VAT)

Japan tax alert 2018年4月26日号

タイ(財務省)歳入局は、国外のEビジネス事業者を対象とした付加価値税(VAT)法案を公表した後、2月初旬に当法案に対するパブリックコメントを募集していましたが、その結果が公表されました。

歳入局に寄せられた23件のパブリックコメントのうち、VAT法案に賛意を示すものは6件で、残りは反対意見でした。

パブリックコメントに対する歳入局の解説の概要は以下の通りです。

Eビジネスの範囲

Eビジネスには、オンラインでのホテルの予約、各種電子予約サービス、映画や音楽の定額視聴、オンライン広告およびゲーム、ソフトウェアおよびデジタルコンテンツの提供等が含まれ、プラットフォームには、ウェブサイト、各種アプリケーション、マーケットプレイス等が含まれます。

当法案では、インターネット決済サービス提供者(プロバイダー)がプラットフォームを所有しているとは見なされないことが明らかとなりました。

※本アラートの詳細は、下記PDFからご覧ください。


Japan tax alert 2018年4月26日号をPDFでDownload (150KB)