EY税理士法人
ライブラリー

FATCA: IRS宛て宣誓にかかるアップデート情報

米国時間2018年3月16日、米国IRSはFATCA宣誓にかかるポータルサイトに関するガイダンスを公表しました。

単に遵守している旨をチェックするだけの簡単なものではなく、多くの質問項目に対し、回答を選択もしくは入力するポータルサイトになる見込みです。

以下に本ガイダンスの概要及びポイントについて解説します。

今般の公表情報の概要・ポイント等

  • FATCA宣誓機能を装備するポータルサイトの実装は、2018年7月以降になること(時期の言及はなし)
  • 宣誓用ポータルサイトの公表後、最短3カ月後に宣誓期日が設定される予定
  • 本邦金融機関(FFI)を含むモデルII協定国所在の参加FFI、ローカルFI、スポンサード投資事業体等のFFIの類型ごとに既存口座特定完了にかかる宣誓及び定期的宣誓における宣誓項目が明確化
  • ポータル上で行う宣誓作業は、単に遵守しているむねをチェックするだけの簡単なものではなく、多くの質問項目に対し回答を選択、もしくは入力するポータルサイトになる見込み
  • 登録型みなし遵守であるローカルFIの宣誓においては、FATCA回避行為にかかる宣誓は除外されることが明確化
  • スポンサー事業体の定期的宣誓において、各スポンサード投資事業体との間で有効なスポンサーシップ契約書を交わしていることについての項目が追加

※本アラートの全文は、下記PDFからご覧ください。