EY税理士法人
ライブラリー

税務QA 2016年10月号
国税通則法 新・国税不服申立制度の活用法

平成26年6月、公正性の向上と使いやすさ向上の観点から、行政不服審査法が半世紀ぶりに改正されました。 この改正に伴い国税通則法も改正され、平成28年4月1日以降にされる処分から新しい不服申立制度が適用されています。 今後行われる税務調査の結果に基づきされる処分は、新しい不服申立制度が適用されることとなります。 いうまでもなく、この新しい不服申立制度を有効に活用するためには、改正点や手続きをよく理解しておく必要があります。

本稿では、今年7月までの4年間、国税不服審判所において任期付国税審判官を経験した筆者が、新しい国税不服申立制度の活用法について解説します。

なお、本稿で述べる内容は、筆者が元国税審判官の経験と視点から述べるもので、あくまでも私見であることをあらかじめ申し添えます。

I. 新しい不服申立制度の概要
II. 改正内容及び新制度の活用法
III. 新国税不服申立制度のその他のトピック

※本専門雑誌掲載記事の全文は、PDFでご覧いただけます。


税務QA 10月号への寄稿記事をPDFでDownload

(317KB)