EY税理士法人
ライブラリー

国際税務2018年12月5日号:
TP Controversy Report 東京地裁平成24 年4 月27 日判決(エクアドルバナナ事件)にみる寄与度利益分割法に係る条文解釈について <16>

別所 徹弥

はじめに

寄与度利益分割法を適用したエクアドルバナナ事件について、その適用要件等につき被告(国)より興味深い解釈が示されており、裁判所もそれを支持しています。以下の国の解釈によれば、寄与度利益分割法の使い勝手が良いものとなっており、またBEPSでのOECDでの議論においてもPS法が重要視される傾向が見て取れることもあり、今後の当局の課税動向が注目されるところです。本稿ではそれらを紹介し、若干のコメントを行うとともに、法文の構成上、残余利益分割法でも寄与度利益分割法と同様の解釈が可能なことを付言します。

※本専門雑誌への掲載記事の全文は、PDFでご覧いただけます。


国際税務 12月5日号の寄稿記事をPDFでDownload

(272KB)