EY税理士法人
ライブラリー

国際税務2018年11月5日号:
TP Controversy Report 移転価格と源泉税との関係<15>

川口 尚一

はじめに

今回は、国外関連者への支払利子又は支払使用料が移転価格の課税対象になった場合の源泉税の取扱いについて言及します。アウトバウンド企業が利子や使用料を海外に支払うケースはそれほど多くないでしょうが、今後グローバルサプライチェーンの変更やグループ金融を取り扱う海外子会社の設立等の動きに伴って直面することも考えられますので、ご参考になるのではないでしょうか。

※本専門雑誌への掲載記事の全文は、PDFでご覧いただけます。


国際税務 11月5日号の寄稿記事をPDFでDownload

(582KB)