EY税理士法人
ライブラリー

旬刊経理情報 2018年10月20日号:
グローバル、そして日本特有の問題を深掘り 移転価格調査をめぐる最新動向

別所 徹弥、竹内 茂樹

各国でBEPS対応税制が確立され、移転価格をめぐる状況は現在過渡期にあります。租税条約等の情報交換制度により、各国の税務当局は移転価格関連情報をこれまで以上に入手できるようになり、また資料収集にかかる期間も短縮されました。その結果として、対象企業を選定する精度が向上し、調査着手件数も増加しています。

本稿では、移転価格税制や調査対応に関する最新の動向に焦点を当てています。従来以上に税務当局からの厳しい対応が予想されるため、ぜひとも本稿がビジネスの一助になりますと幸いです。

※本専門雑誌への掲載記事の全文は、PDFでご覧いただけます。


旬刊経理情報 2018年10月号への寄稿記事をPDFでDownload

(535KB)