EY税理士法人
ライブラリー

ARES不動産証券化ジャーナル Vol.45 2018年10月1日発行:
投資法人の最新税務動向 第11回 その他の利益超過分配(1)

投信法における投資法人の利益超過分配の規定は平成12年の制度創設時から設けられているが、それが実際に実施されたのは平成25年であり、いずれも物流系リート(3社)であった。現在、利益超過分配を実施した上場リートは10社を超え、インフラ投資法人では全社が、さらに私募リートにおいても行っているようである。利益超過分配の定義や分配を行う理由、会計税務の取扱い等について2回に分けて解説する。

※本寄稿記事の全文は、PDFからご覧ください。


ARES不動産証券化ジャーナルへの寄稿記事をPDFでDownload

(1.4MB)