EY税理士法人
ライブラリー

ARES不動産証券化ジャーナル Vol.42 2018年4月1日発行:
投資法人の最新税務動向 第10回 自己投資口の取得

投資法人による自己投資口の取得は平成25 年の投信法改正で導入され、本稿執筆の時点で、上場リート 6 社においてその実施が公表されている。一般に、上場会社が自社株買いを発表すると市場が好感して株価 が上昇すると言われている。上場会社は過去の利益の留保によって資本に厚みがあるため、株主還元策として の自社株買いができるが、毎期利益の大半を分配してしまう投資法人が自己投資口を取得する目的は何なのか。 また、取得時・消却時の会計税務の取扱いについても解説する。

※本寄稿記事の全文は、PDFからご覧ください。


ARES不動産証券化ジャーナルへの寄稿記事をPDFでDownload

(3.1MB)