EY税理士法人
インターナショナル タックス

グローバルオペレーションの最適化サービス

日本の製造業は、生産機能や販売機能を海外に移管し、生産コストの削減や売上拡大を実現してきましたが、 海外進出に伴う在庫のコントロール、物流費の抑制、諸税への対策は後手に回っています。

オペレーティング モデル エフェクティブネス(OME)とは?

OMEは、クライアントのサプライチェーンの構築や事業再構築及びその導入において、事業面及び国際税務、移転価格、間接税、関税、会計等の税務・会計面におけるサポートサービスです。EYのOMEチームは、クライアントのあらゆるニーズにお応えすべく、国際税務、移転価格、関税及びサプライチェーン アドバイザリーチーム等の様々な専門家から構成されております。また、企業に対し、効率的なビジネスストラクチャーの構築、運用、プロセスの改善、さらに国際取引において発生するコスト及びリスク管理の支援を行います。

SCM改革を開始する際の障壁

SCMの改革は短期的に効果が創出できる施策が限られており、複数の機能/組織を巻き込んだ改革の実行および効果創出には時間がかかる特徴があります。広範囲の機能・組織を巻き込んだ改革が必要となりますが、最初から全社的なSCM改革を実行することは困難であるため、まずは改革を開始するきっかけを見出すことが重要です。

(※画像をクリックすると拡大します。)

税務の取組み

  • グローバル経営における国際税務戦略に関しては、4つの視点が挙げられ、考慮すべき要素及び対応の方向性は、以下のように整理されます。
  • 税務領域からSCMモデルのあるべき姿を検証する際にこの4つの視点を考慮して作業を進めます。

税務の取組み


本サービスの詳細は、下記PDFからご覧ください。
グローバルオペレーションの最適化サービス
グローバルオペレーションの最適化サービス (204KB)