EY税理士法人
インターナショナル タックス

米国税制改正ヘルスチェック
アジア太平洋に本社を置くグループ企業に主要条項がもたらす影響

概要

2017年末に、「The US Tax Cuts and Jobs Act」(米国減税・雇用法案)が可決されました。30年ぶりの米国税制における大改革となります。多くの条項は2018年1月1日以降に発効するため、今後は慎重に検討する必要があります。

アジア太平洋に本社を置く多くのグループ企業にとって、米国は最も大規模な海外活動の拠点となっています。本書では、改革がもたらす短期的・長期的な影響の概要について解説します。税制改革はグループ企業の世界における実効税率にも重大な影響を及ぼすため、運営モデルやサプライチェーンに変容をもたらす結果となる可能性があります。

米国税制改正がビジネスに及ぼす影響

(下の図をクリックすると拡大します)


EYができること

EYには、アジア太平洋市場を専門とする米国の税務・会計専門家が数多く在籍しています。当社チームは貴社が制定法を理解し、貴社ビジネスに影響が及ぶ短期的、長期的な課題について検討し、対処できるよう迅速にサポートを提供します。

(下の図をクリックすると拡大します)


本サービスの詳細は、下記PDFからご覧ください。
米国税制改正
米国税制改正 (506KB)