EY税理士法人
インターナショナル タックス

キャッシュ・プーリング導入支援

キャッシュ・プーリングとは?

海外に事業展開する企業の財務管理体制を企業グループ全体で一元化するグローバル・キャッシュ・マネジメントの中で、欧米企業に広く取り入れられているのが、キャッシュ・プーリングです。キャッシュ・プーリングは連結ベースでのキャッシュポジションに基づき、優遇金利等のベネフィット提供を受けるものです。なお、実際の資金移動により余剰資金を一つの口座にプールし、優遇金利等を提供することをゼロ・バランス、資金移動を伴わないバーチャルな口座に基づき金利等のメリットを計算することをノーショナル・プーリングと言います。

キャッシュ・プーリング活用のメリット

グローバル・キャッシュ・プーリングとは、海外に事業展開する企業の財務管理体制を企業グループ全体で一元化し、強化する取り組みを言い、以下のような活用メリットがあります。

借入金残高・支払利息の削減、預金利息収入の最大化
  • グループ法人の余剰資金と外部借入金を相殺し、各種財源指標の改善
グループ内金融の強化
  • リーマンショック以降、「銀行借入」からグループ内金融」へ方向性強化
  • 本社、海外拠点の余剰資金をグループ内で効率的に運用
子会社のモニタリング
  • グローバルでのキャッシュの見える化

■キャッシュ・プーリングによるベネフィット一例
キャッシュ・プーリングによるベネフィット一例


EY提供可能サービス

EYは、キャッシュ・プーリングの導入にあたり、以下に記載した1~5のサポートを中心とした、調査、ドキュメンテーション作成、スキームの検討、決定支援等、貴社のニーズに合わせた総合アドバイザリーサービスをご提供します。

1. 導入を検討している国の規制・税務の調査
2. タックス・デューデリジェンス
3. 貴社内でのスキーム検討・決定支援
4. 移転価格対応支援
5. その他


本サービスの詳細は、下記PDFからご覧ください。
キャッシュ・プーリング導入支援
キャッシュ・プーリング導入支援 (529KB)