EY税理士法人
インターナショナル タックス

インターナショナル タックス

各国税務当局対応について
本社が主導する一元管理体制の構築をサポート

よくあるお悩み・課題

  • 各国における税務調査を中心とした税務当局対応の一元管理の必要性は漠然と認識しているものの、具体的にどう取り組んでいいのか悩んでいる
  • (過去に経験した)アグレッシブな各国税務当局の対応に当惑しているが、今後具体的にどう対策していいか分からない
  • 本社ガバナンス強化のため、グローバル税務当局対応管理体制を構築したいが、現地で適切な税務専任者を確保することも難しく、どこから手を付ければいいか分からない

EYが総括的にサポート!


  • サービス導入時アドバイス及び随時サポート

    海外展開を強化しビジネスは順調に成長してきたものの、税務管理体制の構築がビジネスの成長スピードに追い付かず、進出する国の税制やリスクを的確に把握できていない企業も少なくありません。税務調査など当局対応が必要となった場合の内容判断・対応・意思決定などのプロセス確認、担当・オペレーションルールの設定などの社内体制整備を通じて、本社主導のマネジメント体制の整備をサポートします。また、リスクが高いと考えられる子会社については、海外のEYオフィスとも連携してヘルスチェックや模擬税務調査を行い、リスク軽減策を提言することで、税務ガバナンス体制の改善をサポートします。

  • グローバル一元管理体制ツール(OGMワークフロー)の活用

    EYが税務当局対応のベストプラクティス実現のために開発した、クラウドベースのテクノロジー(One Global Methodology、以下「OGM」ワークフロー)と、世界で統一された対応プロセスにより、効率的な情報共有とワークフロー管理が可能となり、グローバルでの税務当局対応のモニタリング及びリスクコントロールを達成します。事前にプロセス・権限などを決定することにより、これまで社内リソースで対応していた、税務当局対応のプロセス管理、判断の一部をEYにアウトソースすることが可能になります。

  • 税務調査対応及び税務調査後レビュー

    税務調査発生時にはグローバルに展開するEYのチームとして迅速、かつグループ全体のリスクを見据えた上で適切に対応します。また、税務調査後には、調査において問題とされた事項及び提供された情報が他の子会社さらにはグループ全体のリスクとして波及する可能性から原因分析・検証・評価を行い、再発防止策など必要なリスク軽減施策を提言します。