EY税理士法人
インダイレクト タックス(間接税)

インダイレクト タックス(間接税)

グローバルサプライチェーンが
複雑化する現代に、実務対応型の
輸入コスト及びリスク低減ソリューションを提供

よくあるお悩み・課題

  • コスト削減をしたいがグループ全体の関税状況が見えない。可視化と効果的に関税マネジメントをする手法を知りたい
  • 海外各国でVAT・GSTが課税されてしまい、支払った税が控除もされず、海外展開の足かせになっている
  • 消費税額の負担軽減について検討したいが、どんな手法でどう進めたらよいかわからない

EYが総括的にサポート!

  • 関税プランニング・コンプライアンス

    サプライチェーンの多様化、複雑化や新しい自由貿易協定の出現など、国際貿易を取り巻く環境は絶え間なく変化しています。そのような状況下において、企業はそれぞれの実態に即した関税等の輸入コスト削減策を活用すると同時に付随するリスクを的確に把握することは、企業が競争力を維持するうえでも不可欠です。税関当局の傾向とビジネスのオペレーションに精通するEYの専門家が、サプライチェーンの再構築等、関税戦略の最適化を目的とした関税プランニングやコンプライアンスを支援します。

  • VAT・GST対応

    各国の租税当局は、VAT(付加価値税)・GST(物品サービス税)の課税ベースの拡大や税率引き上げに動いています。 しかし、日本企業の多くは間接税の制度変更に対応しきれておらず、海外展開の足かせになっています。 世界各地に張り巡らされたEYのネットワークを活用することにより、実用的で有効なソリューションを提案します。

  • 消費税負担軽減

    消費税率引上げに伴い日本でも導入される方向の軽減税率やインボイス制度により、企業の事務負担は増えることが予想されます。 消費税を戦略的税務の一部と捉え注目する国内企業はまだ多くありませんが、消費税の適正化により企業経営にメリットをもたらすことが可能です。

サービス例