EY税理士法人
FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)
CRS(共通報告基準)

年間サポート(オンコールサービス)


FATCA・CRS年間支援の必要性

FATCAは米国法であり、わが国当局は、FATCA 及びその関連規則に係る規制解釈権を有しておらず、実務対応上のさまざまな疑問に対し、直接的回答に応じることができない状況にあります。

したがって、FATCAに関する実務対応上のさまざまな疑問に対し、適時適切にアドバイスしうる専門家を確保しておくことは、不可欠と考えられます。

また、CRSは、わが国法規制の下で施行され、FATCAと異なり、国内法対応であるという側面はあるものの、FATCAをベースとして成立した枠組であり、効果的かつ、無駄なコストをかけずに制度対応を進めるためには、両制度の枠組に精通した専門家のアドバイスを受けることが重要となります。

支援内容

1. 基本パッケージ

  • ご質問への回答
    契約期間において、FATCA及びCRSに関するご質問に対し、FATCA担当者が適時に回答します。(ご要望に応じ電話で回答することも可能です)
  • 適時重要情報の配信
    • 契約期間において、FATCA及びCRSに関する重要なアップデート情報を配信します
    • 全国各地でFATCA及びCRS関連セミナーを開催することを予定しており、契約者様におかれましては、本セミナーに無料でご参加いただくことが可能です (旅費交通費は参加者様の負担となります。開催回数につきましては、 情報提供の必要性を考慮の上、決定します)

2. オプション

ご要望に応じ、貴金融機関作成規程・帳票等のレビューのオフサイトでの実施、訪問によるご質問に対する回答や協議に参加することも可能です。

3. 契約期間

1年間


Why EY? - EYの強み

私たちは、米国EYをはじめとするグローバルメンバーファームとのネットワークの活用及びこれまでのFATCA対応支援業務を通じ、豊富な知識及び経験を有しており、CRS対応を含め、貴金融機関の疑問やご質問に、適切に回答することが可能です。
慎重な検討を要する事項については、米国における米国税務及びFATCAの専門家に照会を行い、回答内容の品質水準を十分に確保するための体制を構築しています。
本サービスにおいては、Emailによるご質問に対する回答の他、電話によるご相談を可能と しており、ちょっとしたご質問にも迅速に対応します。
おかげさまで、既に数多くの年間支援契約を締結させていただいており、多くのありがたいお言葉を頂戴しています。

契約者様の声

既にご契約いただいている契約者様からは、以下のように、私たちのサービスに対する評価のお声も頂戴しています。

  • 電話で回答してくれるため、すぐに確認したい事項や、メールで書いて相談するには、ちょっと恥ずかしいなという初歩的な質問も気軽に確認できるので助かっている
  • メールで質問しても、およそ1日~2日で回答がもらえ、迅速に対応してもらえていると感じている
  • 規程のレビューについては、従量制となっているものと理解しているが、時間がかからずに対応できる 場合については、固定料金の枠組みで対応してもらえて助かった
  • IRSのサイトではいろいろなアップデート情報が公表されるが、全て英語でよくわからない。そのような中、当金融機関に必要な情報が厳選されて配信されてくるので、無駄な心配をしなくて済む
  • みなし遵守の対応例について銀行では事例が少ない中、EYは、業界全体としてみなし遵守FFIを選択した信用組合の支援業務を担当しており、業界標準的な対応目線を確認するうえで、参考になる