EY税理士法人
FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)
CRS(共通報告基準)

FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)
CRS(共通報告基準)

FATCAとは

FATCA(Foreign Account Tax Compliance Act)は、米国市民及び米国居住者によるオフショア口座を利用した米国の租税回避を防止することを目的として、2010年3月18日に施行された米国法です。

CRSとは

CRSは、"Common Reporting Standard"の略であり、日本語では「共通報告基準」と呼ばれています。自動的情報交換の対象となる非居住者の口座の特定方法や情報の範囲等を各国で共通化する国際基準であり、これを通用することにより、金融機関の事務負担を軽減しつつ、金融資産の情報を各国税務当局間で効率的に交換し、外国の金融機関の口座を通じた国際的な脱税及び租税回避に対処することを目的としています。