EY税理士法人
グローバル コンプライアンス
アンド レポーティング

海外子会社の税務リスク管理

豊富な経験と税務専門家のグローバルネットワークで
日系多国籍企業の海外子会社の税務リスク管理、
「本社主導」の税務管理をサポート

よくあるお悩み・課題

  • 新興国等の海外子会社で追徴課税が知らない間に発生していた
  • 潜在的税務リスクを抱えている海外子会社の税務状況を把握したいが、社内のリソース不足で後回しになっている
  • 煩雑な海外子会社の税務管理に着手したいが、予算、社内のリソース、上席への説明等を考えると、どのように進めてよいかわからない

EYがPMOを含め包括的にサポート!

  • 海外子会社における税務リスク対応

    特に新興国においては、「頻繁な税制改正、特殊な税制、税法解釈の不透明性、複雑な税務手続」への対応が要請され、先進国に比べ、税務当局から指摘を受けるケースが増加の傾向にあります。「BEPS 行動13 移転価格の文書化の適正化」と並んで海外子会社の税務リスク管理が、今、日系多国籍企業に求められています。EYでは税務の見える化を図り、税務リスクの軽減、税務コスト管理の適切なサポートします。

  • 海外子会社の法人税申告書の作成

    ポストBEPS時代において、多くの海外の国で、税務ガバナンスの観点から正確な税務申告が求められています。BEPSにより当局が多くの税務情報を収集し、分析し、徴税を強化している環境下、EYは、海外子会社の法人税申告書の作成又はレビュー、作成又はレビューをベースとした情報収集、分析、分析結果に関する適切な対応をサポートします。

  • 本社主導の税務管理体制の構築

    今まで本社もしくは地域統括会社主導で、海外子会社の税務リスクの統制・管理を行っていなかった多くの日系多国籍企業に、今、その対応が求められています。貴社とEYが一体となって、限られた貴社の人的リソースの有効活用、税務プロセスの構築、テクノロジーツールを活用することにより、グローバルネットワークを構築し、税務リスクの統制・管理をサポートします。