EY税理士法人
ビジネスタックス

企業税務アドバイザリー

(アドバイザリー)

ビジネス タックス アドバイザリー グループは、企業の税務アドバイスのニーズにお応えすることを目的としています。本グループは、様々な分野で経験を積んだ人員から構成されており、日本の税務上の取扱いに関するアドバイスや税務プランニングを専門的に行います。日々変化する経済情勢の中で、企業グループ内の再編や新規投資・事業撤退など、様々な取引が行われています。これらの取引に係る税務コストも経営判断をする上では重要な要因となり、効率的な税務ストラクチャーを構築することは必須であると考えられます。また、毎年、重要な税制改正がなされている昨今の状況を鑑み、これらの改正事項を迅速かつ適切に把握し、これを踏まえて税務戦略を検討することも重要です。

私たちは、クライアント企業のそれぞれの状況に応じて、適切な税務アドバイスや解決策を提供できる体制を作っており、税務面から、企業の目的達成をサポートします。また、本グループは、不動産投資(不動産保有法人の取得を含む)に精通した人員を配しており、不動産投資案件(J-REITや不動産私募ファンドを含む)に係るストラクチャーの構築から実行に至るまでの税務アドバイスも提供しています。

主な提供サービス

  • 企業グループ内再編・グループ内取引に係る税務アドバイス及びプランニング
    事業上のさまざまな理由によりグループ会社の再編など(連結納税制度の選択を含む)を行う場合、課税上の取扱いを確認し、税コストを勘案することは重要です。また、事前の準備・プランニングを行うことにより、予期しない税負担が生じないよう配慮するとともに、税務上効率の良いストラクチャーを構築します。
  • 新たな投資など、各種取引に係る税務上の取扱いの調査・検討
    新たな投資や事業撤退など、様々な取引を行うに当たり、課税上の取扱いを確認し、税務上効率の良い方策を検討することは必要不可欠です。その場合、所得に係る税金だけではなく、消費税などの間接税も含め、取引に係る税負担を総合的に検討・分析します。
  • 税務調査や各種税務問題に対する対応
    税務調査に際しては、事前に過去の取引内容を確認し、資料を準備することは重要であり、また、調査官に誤解されないよう適切に取引を説明することが必要です。本グループは、このような税務調査の対応に係るサービスを提供します。
  • キャッシュタックスプランニング
    ROE・フリーキャッシュフロー向上のための経営戦略実行支援

    現在、多くの日本企業が直面している経営課題であるROE向上・フリーキャッシュフロー増加等の課題に対して、経験豊富なプランニングチームが貴社の現状を把握し税務の観点から最適な戦略策定及び実行支援を行います。
  • 不動産私募ファンドなどの組成及び取引に係る税務アドバイザリー
    不動産(不動産担保債権などを含む)への投資を行うファンドの組成については、投資媒体(特定目的会社、匿名組合の営業者など)や、投資家に対する課税関係の考察は必須となります。日本における課税関係や税務リスクの査定、及び投資家の居住地国などに基づき、税務上効率の良いストラクチャーを提案するとともに、ファンドの行う各種取引についても税務アドバイスを提供します。
  • 株式報酬関連サービス
    導入する企業が増加する傾向にある株式報酬について、特に役員報酬制度として導入する場合の法人税法上の取扱いに関するアドバイスをはじめ、海外現法でも日本の親会社と同様のプランを導入する場合の現地税制(法人税、個人所得税等を含む)のリサーチを行い、企業の報酬プラン策定に向けた検討を税務面でサポートします。