EY税理士法人
ビジネスタックス

キャッシュタックス プランニング
ROE(株主資本利益率)・FCF(フリー キャッシュフロー)を高めるための税務の観点からの経営戦略実行支援

キャッシュタックス プランニングとは?

納付税額を低減すること、つまりキャッシュタックス プランニングを実行する事により、余剰資金を創出し、ROEの向上・FCFの増加・税務の観点からの競争力の向上に寄与することを目的としています。EYでは、これらの課題において、経験豊富なプランニングチームがキャッシュタックス プランニングの策定・実行を通じて、貴社の現状を把握し、税務の観点から最適な戦略策定及び実行支援を行います。

具体的には企業が直面している主な経営課題に対して、例えば以下に掲げる税務に関するプランニングを通じた支援を行います。

税務プランニング


貴社の有価証券報告書は、以下の状況に当てはまりませんか?

このような状況が生じている場合は、税務の観点からの施策により、これらの指標の改善に貢献できる可能性があります。

状況 状況2
主な実績
  • 多店舗展開型の小売業者において、均等割削減のためのプロジェクトを実施
  • グループ会社の申告書の精査を通じて未利用の税額控除制度を発見、法人税額の削減に寄与
  • 損金算入要件を満たす役員報酬制度・支給形態等の見直しの検討を通じて永久差異を削減
  • 固定資産税評価額の見直し、行政との折衝を踏まえて評価額の低減に成功
  • 多彩な業種への生産性向上設備等の税額控除制度の導入

本サービスの詳細は、下記PDFからご覧ください。
キャッシュタックスプランニング
キャッシュタックス プランニング (227KB)