EY税理士法人
ビジネスタックス

連結納税制度導入支援サービス

EY税理士法人は、連結納税制度の導入やグループ内組織再編等の税務戦略の策定にあたり、貴社の状況とニーズに合わせて、企業グループ全体の税務リスクを軽減し、かつ、税務メリットを実現することが可能なプランを提案いたします。

導入支援チーム/ファイナンスチーム/企業再編チーム/国際税務チーム等、各分野の専門家が連結納税制度の導入を総合的にバックアップします。

連結納税制度導入にあたって

連結納税


導入事例

平成27年度税制改正では、欠損金の繰越控除制度が見直され、控除限度額が欠損金控除前の所得金額の80%から、65%(平成27年4月1日以後開始事業年度)、50%(平成29年4月1日以後開始事業年度)へと段階的に引き下げられました。 繰越欠損金として発生させる前に、損益通算によりグループ内法人の欠損を解消させることができる連結納税の優位性が注目されています。このような状況から、連結納税制度を導入する企業グループが増加しています。

A社グループ
損益通算により、欠損法人のキャッシュフローが改善します。連結グループで解消される欠損は、キャッシュで精算されます。
Jirei image
B社グループ
繰越欠損金の早期解消が見込まれ、繰延税金資産の回収可能性が向上します。
Jirei image
C社グループ
時価評価益と繰越欠損金の相殺により、繰越欠損金が解消されます。時価評価益は、その後の連結事業年度で減価償却されます。
Jirei image

本サービスの詳細は、下記PDFからご覧ください。
連結納税制度導入支援サービス
連結納税制度導入支援サービス (400KB)