EY税理士法人
セミナー

米国税制改革セミナー2018(東京)

EY税理士法人では、米国の税制改革の動向についてのセミナーを開催いたしますのでご案内申し上げます。

2017年12月20日に米国税法改革法が両院で可決され、22日に大統領署名が完了しました。 これにより、正式に「The Tax Cuts and Jobs Act」は米国の法律として成立し、企業は12月で終了する会計期間にかかわる財務諸表へのインパクトを早急に検討する必要が生じたこととなります。

本セミナーでは、EY米国より専門家が来日し、今回の税制改革の詳細を共有させていただきます。 最終法案及び米国における日系企業のビジネスの今後の方向性についても解説する予定です。

ご多忙のことと存じますが、多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

【 開催詳細】

開催日時 2018年1月11日(木)14:00~16:30(受付開始 13:30)
場所 EYジャパン セミナールーム
東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビル 33階会場地図

【 アジェンダ(予定) 】

  1. 米国税制改革の概要及び詳細
  2. 日系企業への影響・アクションプラン

【 講師(予定) 】

  • 秦 正彦(EY日本企業ビジネスサービス(JBS)タックスグローバル・米州統括リーダー、パートナー)
  • 野本 誠(EY米国 JBSタックス、パートナー)
  • 関谷 浩一(EY税理士法人、パートナー)

※アジェンダ・講師は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【 言語 】

日本語

【 参加費 】

無料

【 お問い合わせ先 】

EY税理士法人 ブランド、マーケティング アンド コミュニケーション部
email E-mail

  • 個人の方および同業者の方からのお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 本セミナーは日本におけるEYのメンバーファームであるEY税理士法人が主催致します。
  • 申込みによってお知らせいただいた皆様の個人情報につきましては、当セミナーの運営に関わる事務に利用させていただくほか、当法人グループ及びEY Japanの開催するセミナー/イベント等のご案内に利用させていただきます。