Recruiting Event

山田 信二 Transaction Tax (TT) Senior

入所の動機

大学在学中は、税理士業界に関する知識もあまりない状態でしたが、BIG4に名を連ねるEYでは、国内大手企業や外資系企業の税務申告や、上場企業の税務監査業務など、中小・中堅事務所ではなかなか体験できない業務に携わることができます。また、監査、法務、アドバイザリーなど、税務以外のプロフェッショナルや海外のEYのメンバーファームとも連携し、専門性が高く、大規模な案件に取り組める点に魅力を感じました。今後、税理士としてのキャリアを築いていくうえで、まずは税理士業界における最前線の環境を経験したいと考え、EYへの入所を決めました。

入所後の印象・雰囲気

新卒で入所し、右も左もわからない状態でしたが、研修制度が整っており、先輩の指導も非常に丁寧でスムーズに会社になじめたと思います。また、EYは風通しがよく、ユニークで頼りがいのある先輩・上司が多いと思います。業務においては、年齢・職階にかかわらず意見を発することができ、仕事でわからないことがあっても気軽に相談し、適切なアドバイスをもうらことができます。チームイベントなども定期的に行われており、さまざまな人と業務以外でも交流をすることができる点も素晴らしいと思いました。最近では労働環境の整備にも力を入れており、フレックス制度やリモート勤務などが導入され、職員ひとりひとりが快適に働けるような環境が作られていると思います。

仕事内容

現在、トランザクションタックスという部署に所属しており、税務デューデリジェンス、組織再編のストラクチャリングアドバイスなど、主にM&Aに関する国内およびクロスボーダーの税務アドバイザリー業務に従事しています。税務デューデリジェンスとは企業買収などの際に、対象企業の税務リスクを検出する作業のことで、投資の意思決定、投資価格の査定などに影響する重要な業務です。また、ストラクチャリングアドバイスについて、組織再編は合併、会社分割、株式移転、株式交換などさまざまな手法があり、組織再編の方法が少し変わるだけで課税へのインパクトは非常に大きく変わります。税効率だけを重視してもビジネス的な観点から機能しないケースなどもあり、税務に限らず幅広い知識が必要とされる非常に専門性の高い業務です。

仕事の魅力・やりがいを感じる瞬間

もともとは、法人税申告書を作成する部署に所属していました。法人税申告書を作成する部署でも、国内大手企業や外資系企業が顧客であり、中小・中堅企業では経験できないような規模の申告書作成業務を経験することができ、非常に勉強になりました。現在の部署に異動し、M&Aに関するアドバイザリー業務に関与するようになってからは、前述の通り、法人税の知識のみならず、会社法の知識など幅広い知識や経験が必要となり、今まで以上に高い専門性を求められることとなりました。案件がひとつ終了するたびに、自分の成長を感じられるようになりました。また、法人税申告を通じて培った知識を、申告書以外の形でアウトプットすることができるようになり、業務の幅も大きく広がり、キャリアアップにつながったと思います。

今後の目標・キャリアの展望

AIやロボットの発達に伴い、将来、税理士業務はなくなるかもしれない、とも言われています。ここ数年間ですぐに起きる話ではありませんが、10年後、20年後を考えると、現在あたりまえのように税理士が行っている記帳代行や給与計算、申告書作成業務、またや現在私が従事している税務デューデリジェンス業務などはもう税理士が行う業務ではないかもしれません。しかし、単純作業をAIに代替されたとしても、高い付加価値のある業務にはやはり人が介在してゆくと思います。そのような時代においてもなお、「クライアントの期待以上のサービスの提供」をすることができる税務のスペシャリストを目指して、より専門的な知識を身につけてゆきたいと考えています。

当社に関心をお持ちの方に向けたメッセージ

EYでは自分を成長させる機会が無限に広がっています。社内カウンセラー制度により、上司から今後のキャリアプランに関するアドバイスをもらうことができたり、クロスアサイン制度により、所属部署にとらわれず他部署の業務を経験することができるなど、さまざまなチャンスに巡り合えます。また、日本の税務だけではなく、EY海外事務所への勤務を通じてグローバルレベルで通用する知識と経験も積むことができる環境があります。英語に多少抵抗があっても、社内英会話レッスンや海外語学研修などを通じて語学スキルを伸ばすことができます。チャレンジ精神があればさまざまなサポートをしてくれることがEYの魅力だと思います。

Prev Back to Professionals Next