Recruiting Event

Tax×Advisory

Hiroshi Kishida

岸田 啓志

Business Tax Advisory (BTA)

入所の動機

前職の会計事務所では、主に法人クライアントに対する税務アドバイス・税務申告書の作成などの業務に携わっていましたが、経験を積んでいく中で大規模法人の案件などで発生する組織再編や連結納税などの論点について、より高度な税務知識を身につけて専門性を磨いていきたいと思うようになりました。そう考えている時に知人の紹介でEY税理士法人を知り、大規模法人や国際税務などの専門性の高い案件に、グローバル案件を通じて英語力を向上できると聞き興味を持ちました。説明会や面接を通じて先輩社員の皆様からのお話を聞いていく中で、EY税理士法人に入社して専門性を磨いていきたいという気持ちが強くなり、最終的に入社を決意しました。

入所後の印象・雰囲気

私は入社時、GCRに所属していましたが、EYは説明会や面接で受けた印象の通り、大変風通しの良い職場だと感じました。
班制度というものがあり、班ミーティングで自身の業務状況を報告することでお互いの業務状況を把握し、業務量の調整が可能となります。また、定期的にチームランチなどが行われ、コミュニケーションが非常にとりやすくなっています。
出社時刻・退社時刻を自身でその日ごとに決められるフレックスタイム制、固定席がないフリーアドレス制やリモートワーク制が導入されており、とても自由に働くことができます。

仕事内容

私が所属しているBTAという部署はアドバイザリー業務を行うため、日系大手企業の連結納税申告書サポート(申告書レビューや申告書作成ソフトのマニュアルの作成、各社の作業スケジュールのモニタリングなど)、決算サポート(四半期及び年度決算における税金・税効果計算のサポート)や、連結納税の税効果会計サポートといった会計に関するアドバイスやクライアントの税務業務の改善などを推進するプロジェクトなど業務は多岐にわたります。業務を進めるうえで、困った際には周りのスタッフやマネージャーに相談しながら作業を進めるようにしています。

仕事の魅力・やりがいを感じる瞬間

私の仕事の魅力は、専門性の高い業務を経験できることです。税務の論点は、会社規模によって大きく異なりますが、BTAのクライアントは日系大手企業を中心としており、専門性の高い税務論点を経験することができます。また法人税・消費税の業務だけではなく、複雑な組織再編、国際税務などの税務領域の業務依頼がある場合は専門部署のメンバーに協力を依頼しつつ、当事者としてもその税務論点に触れながら、実務を経験することができるため、とてもやりがいを感じています。

今後の目標・キャリアの展望

目標は「この分野であればこの人に聞けば大丈夫」と思ってもらえるような存在になることです。そのためには、自分自身が常にプロフェッショナルであることを意識して、自己研鑚を怠らず向上心を持ち続けることが重要だと考えます。
現在の社会において「AIなどの技術進歩によって税務の業務がいずれ消滅するかもしれない」ということが話題になることがありますが、税務に関する幅広く総合的・専門的な知識や経験はこれからの時代においても必要とされるものと信じていますので、専門性を磨き続けていきたいと思います。

当法人に関心をお持ちの方に向けたメッセージ

Big4と呼ばれるEY JapanのメンバーファームであるEY税理士法人では、必要とされる能力の水準は高いですが、税務の各分野に多くのスペシャリストが在籍しているので、そのスペシャリストである先輩に相談に乗っていただくことにより自身の力を伸ばしていくことが可能です。また、入社時にはしっかりとした研修もあり、入社時研修以外にも税制やPCスキルに関する研修が充実しており、社内英会話レッスンなどスキルアップのサポート体制も充実しております。意欲的に新しい業務に取り組む気持ちを常に持っていれば、自ずと成長することのできる職場ですので、ご自身の専門性を磨いていきたいという方は是非EY Japanのメンバーファームをご検討いただければと思います。

Prev Back to Professionals Next