EY税理士法人
採用情報

キャリア

キャリアパス

EY税理士法人は、いくつかのランク(職階)に分かれています。入社後、それらのランクをステップアップしながら成長し、キャリアを積みます。

キャリアパス

キャリアプラン

  • ジュニア
    • 新卒の方、もしくは実務経験が3年未満程度の方が入社すると、ジュニアとして経験を積むことになります。ジュニアは、所属するサービスラインにより、税務申告業務あるいは税務アドバイザリー業務を通じて、税務プロフェッシナルの基本となる広範な知識を身につける、あるいは、特定の分野の専門的な知識を身につけることになります。日常の業務を通じて、直面する問題に対する理解力、洞察力、問題解決のスキルなどを学んでいきます。
  • シニア
    • ある程度実務経験がある方が入社された場合、シニアとなります。シニアは、アカウント・マネジメントに関するさらに深い知識、広い見識、経験を積み上げていきます。同時に、職員の養成を図り、専門知識や考えを共有する責務を担うこととなります。
  • マネージャー / シニア・マネージャー
    • マネージャー / シニア・マネージャーは、多角的な役割が求められるポジションです。業務の全体像を把握し、リーダーとして業務を円滑に進める役割を担います。また、日々のクライアントコンタクトも担当するため、高いコミュニケーション能力が必要とされます。クライアントのニーズを拾い上げ、その解決策を提案していくことが求められます。この過程においては、「ピープル・ファースト」のコンセプトを実現し、クライアントとの関係を構築するためのリーダーシップとコミュニケーション能力を培うこととなります。
  • パートナー / ディレクター
    • 幹部として、クライアントとの信頼関係を構築し、維持する責任を負います。同時に常にビジネスの現場で、クライアントにより良いソリューションと付加価値の高いサービスを提供できる機会を追求します。プロジェクトにおいては、チームを指揮し、効果的なソリューションへと導く役割を担っています。また、研修や実務の現場での指導を通じて知識を共有し、人材の育成を目指します。パートナーは、「Quality in everything we do」の理念の達成のため、サービスのクオリティを常に高く維持する努力を実践するロールモデルとなります。