EY税理士法人
ライブラリー

Thought leadership

EY税理士法人では、日本国内の税務に関わる情報だけではなく、150の国や地域で展開するEYグループの密接な連携と高いプロフェッショナル性を活かした調査レポートの情報提供を行っております。

  • 変化し続ける世界を把握する-世界貿易の視点から
    • 関税 本報告書では、2016年3月に開催された「EY世界貿易シンポジウム」でのディスカッションの内容と結論をまとめています。 自由貿易協定(FTA)を含めた特恵貿易の利用に関する見解や、税関に関わる紛争対応、テクノロジーの進化によるデータの活用等をまとめています。
      詳細を読む
  • Tax Insights No.15: 人材戦略と税務
    • Tax Insights 今号のTax Insightsでは、税務人材の重要性が増していること、ビジネスの変化並びに強固な税規制環境によって急速に変化する税の世界に対応しながら、今後に向けた税務人材を採用、定着、育成するためにリーディングカンパニーはどのようなことをしているのかを検証します。
      詳細を読む
  • Tax Insights No.14: テクノロジー
    • Tax Insights テクノロジーはビジネス界に革新をもたらすと同時に税務ポリシーに絶大な影響を及ぼしています。新しいテクノロジーを理解及び獲得し、新たな資質、技能及び能力を追加するとともに、テクノロジーへの持続的な投資を確保していくことが税務リーダーにとって極めて重要となります。
      詳細を読む
  • 戦略的人事部門の必要性:リーダーによる積極的行動の実現
    • HBR 優れた組織において人事部門はいかに進化し、成熟に向かっているのか?現在、最も優れた組織では、人事部門がかつてないほど大きな役割を果たしており、経営陣や各機能及び現場の意思決定、戦略計画において、不可欠のコンピテンシーとなりつつあります。
      詳細を読む   
  • BEPS行動8‐10及び13の国別実施状況
    • BEPS 本レポートは、移転価格及び移転価格文書化に関するBEPS行動の実施状況の調査をまとめたものです。本調査の目的は、OECD行動計画8-10及び13の各国での実施メカニズムを理解することにあります。本調査の主要結果について要約し掲載しています。
      詳細を読む
  • Tax Insights No.13
    • Tax Insights 新興国市場は今や、世界経済を再形成するだけに留まらず、中核を成す存在となりました。この変化は、新興国市場でビジネスチャンスをもたらすと同時に、リスクを引き起こしています。本号では、新興国のリスクと利益における念入りな分析及び十分な情報に基づく決断の重要性について解説しています。
      詳細を読む
  • インダイレクト タックス 2015
    • Indirect tax 本2015年版は、世界の間接税の動向を捉えた内容となっており、1.付加価値税(VAT)又は売上税(GST)、2.物品税及びその他の間接税、3.自由貿易協定の動向、の3つについて各国の変更を記載した世界地図と、各国別の状況を掲載しています。
      詳細を読む
  • Tax Insights No.12
    • Tax Insights EYが発行するTax Insightsの本号では、「透明性」に焦点をあてています。税の透明性という考え方は、常に一定のものではなく、新しいイニシアティブ、法案や法律がまずは定められ、次に広範囲のステークホルダーにより評価されます。透明性に関する様々な視点からの意見をまとめています。
      詳細を読む
  • 2014年海外税務当局の移転価格動向調査
    • TP 「2014年海外税務当局の移転価格動向調査」では、移転価格税制の32カ国における税務当局の動向に関連し、今後の見通し、解釈、規制の改正についてまとめています。
      詳細を読む
  • 新興国における税務人材の現状と課税事案への対応に関する調査
    • EY税理士法人は、経済産業省の委託を受け、新興国における日本企業の税務人材・課税問題に関する調査報告書を作成いたしました。本調査報告書は、新興国において日本企業が直面する税務リスクにつき、各企業の進出先担当者・実務家へのヒアリング及び文献調査等を通じ、(1)税務人材の確保・育成というプロセス、(2)新興国の課税実務とBEPSを踏まえた分析からそれぞれ整理し、日本企業が採るべき対応策を提言しています。
  • グローバルモビリティ戦略:海外赴任の価値向上を目指して
    • HR ハーバードビジネスレビュー(HBR)アナリティックサービスとEYが共同で行った本調査では、企業がどのように戦略的な人材異動を実施し、財務上の成果を手にしているかを明らかにしています。

  • 2014年税務リスクと税務係争に関する調査のハイライト
    • HR 本レポートでは、グローバルでの調査結果を日本企業の回答結果と比較しながら、最も重要な発見事項を取り上げています。将来のリスク管理体制の構築に向けて、多くの企業が自社の準備態勢やツールの強化を検討する必要があることが明らかになりました。
  • 2014年ASEAN地域の投資奨励制度
    • HR ASEAN地域の投資奨励制度をめぐる状況の変化は、間違いなくスピードと勢いを増しています。本レポートでは、同地域の投資家の注目を集め続けている、製造業に利用可能な優遇措置と地域統括、また地域サービスに特にフォーカスしています。
  • BEPSへの対応と我が国企業への影響に関する調査
    • EY税理士法人は、経済産業省の委託を受けBEPSに関する調査報告書を作成いたしました。本調査報告書は、OECDが2013年7月に公表した「BEPS(税源浸食と利益移転)行動計画」の全15項目に係る議論・動向等を、文献調査や有識者・関係機関等へのヒアリング等を通じて分析・整理し、日本の経済活動への影響と日本が取るべき対応策の方向性を提示しています。
  • 世界の先進企業が突き進めるグローバル通商・関税管理
    • HR グローバルにおける経済成長が必ずしも強靭でない中、グローバル企業にとって、効果的かつ競争力のある形で輸出取引を拡大していくことの重要性はこれまで以上に高まっています。こうしたビジネスのニーズをサポートする、企業内の通商・関税関連部署の重要性もまた増しているといえます。本レポートでは、企業の国際貿易を側面からサポートする通商・関税関連部署が、いかにダイナミックに且つクリエイティブにその業務を展開しているかを、世界の先進企業の事例を交えながら、解説します。
  • Your talent in motion 2013年グローバルモビリティ有効性調査
    • 第6回の本調査では、具体的な事実と数字に加え、海外赴任者と海外出張者の世界に関する独自の知見を提示するために、多様な業種にわたる大手多国籍企業を対象に調査を実施しました。モビリティ部門がこのグローバルな事業環境で果たす重要な役割も検討しています。
  • インダイレクト タックス2013 間接税に関するグローバルな動向と課題
    • 世界の国々では間接税の重要性が引き続き高まっており、グローバル企業は間接税の最新情報を常にアップデートし、これに対応する必要があります。本冊子の2013年度版は、VAT(付加価値税)/GST(一般消費税)、物品税及びその他の間接税、関税と国際貿易を取り上げています。
  • ビジネスを成功へ導くために 2012年グローバルモビリティ有効性調査
    • 今日、グローバルモビリティ(グローバル規模での人材移動)は、ビジネスを成功させる上で必要不可欠となっています。グローバル経済が不透明さを増すなか、企業は新たな投資と人材を成長市場または新興市場に振り向けています。本冊子は520社を超える人事トップにサーベイを実施し、その結果を一冊にまとめることで、企業の駐在員の海外赴任と出張の方針に関し、ユニークな視点を提供しています。
  • 急成長市場における間接税管理
    • 本報告書は、急成長市場で多くの多国籍企業が直面する間接税(関税、付加価値税、物品税、等)に関する問題とその対処法について、そうした国々で活躍する企業の実務担当者およびEYの間接税プロフェッショナルの経験から得られるリーディングプラクティスについて取り挙げています。
  • グローバルM&A税務に関する調査と動向
    • 本冊子は世界14の主要市場における大企業150社の税務責任者を対象に実施したサーベイをもとに、M&Aにおける税務責任者の税務上の課題を解説しています。また、新興市場におけるM&Aの際の税務問題についても触れています。
  • 2012年海外税務当局の移転価格動向調査
    • 本冊子は全世界50カ国の移転価格に関する状況を調査し、まとめた2012年版のサーベイです。全体的な動向、主要アドバイスに加え、各国別の詳細を掲載しています。日本語版では、日本の多国籍企業の関心が最も高いと思われる9カ国の概要をご紹介します。
  • サプライチェーンにおける間接税の管理
    • 本報告書「サプライチェーンにおける間接税の管理:成長を支え、コストとリスクを軽減するために」は、多国籍企業が 変化の激しい複雑な世界で事業を行うにあたり直面する、サプライチェーンにおける間接税の問題を取り上げています。
  • 税務リスクおよび税務係争に関する調査
    • EYの2011-12年の本調査では、不確実性が一層の深まりを見せる中で、世界をリードするグローバル企業にもたらされる新たな財務リスクおよび風評リスクが分析されています。これらのリスクは目前に迫っており、その規模と複雑性も増しています。今こそこうしたリスク管理の行動計画を策定すべき時なのです。
  • グローバルM&A税務に関する調査と動向
    • 重要さを増す税務ディレクターの役割M&Aを税務の側面から分析したEYの年次レビューの第2弾が完成しました。経済の先行き不透明感が続くなかで、企業のM&Aへの強い意気込みが明らかにされています。
  • GCR調査結果とグローバル企業の動向
    • EYが実施したGlobal Compliance and Reporting調査結果は、多国籍企業が世界各国の財務報告や納税義務への対応策を検討する中で、今起こりつつある重要な変化をレポートしています。