EY税理士法人
トランザクション タックス

トランザクション タックス

近年、日本の税制は急速に拡充され、特に国際税務及びM&Aの分野において大規模な税制改正が行われています。このような状況において、税務がトランザクションに与えるインパクトを十分理解し、税効果を最大化するストラクチャーを策定する必要性が一層高まっています。ストラクチャーの違いによって、税務上の大きなメリット、デメリットが発生する可能性があると言えるでしょう。

EYのトランザクション タックス部は、トランザクションにおける税務問題についてアドバイスを行います。トランザクションにおける税務リスクを軽減し、かつ税務メリットを実現するために、グローバル チームによる統一的なアドバイスを提供します。

私たちは、国際税務、組織再編税制(合併、分割など)、企業再生関連税制に関する専門家として豊富な知識と経験を有しています。トランザクション ライフサイクルの全過程(デューデリジェンスの初期の段階から、意図したストラクチャーの実現・統合サポートまで)において、トランザクションの投資効果の極大化を支援します。

トランザクションを世界各国のどこで行う場合でも、グローバルネットワークとの連携により、トランザクション タックスのグローバルで統一されたアプローチにより、高品質な税務サービスの提供に尽力します。

トランザクション タックス 提供サービス

  • 世界各国でのタックス デューデリジェンス
    ターゲットの税務ポジション、税務リスクの有無を把握するためには、タックス デューデリジェンスが必要不可欠となります。また、タックス デューデリジェンスを通じて入手される情報は、投資の意思決定、投資価格の査定、ストラクチャーの策定に重要な影響を与えます。EYのグローバルネットワークを活用し、世界各国でタックス デューデリジェンスを実施します。
  • タックス ストラクチャリング
    近年、M&A及びグループ内再編の手法は多様化、複雑化しています。M&Aを実行する際の買収プランニングやM&A後における統合プランニングにおいては、事業・資金計画を十分理解した上で、税務上の効率性を考慮することが必要不可欠です。M&A及びグループ内再編の手法について検討を行い、適切な税務戦略を立案します。
  • トランザクションにおける税務モデリング
    M&A においては、将来キャッシュフローの増加を図るため、税金コストをできる限り抑えることが重要です。将来における税金の発生額を予測し、税務の視点から、将来キャッシュフローに与える影響についてアドバイスを行います。
  • 各種ファンドの投資ストラクチャー策定に関する税務アドバイス
    主に海外のファンド(不動産ファンド、プライベートエクイティファンド、ヘッジファンドなど)による日本の企業・不動産などへの投資について、税務コストの軽減をサポートし、恒久的施設や移転価格などの問題に対応するストラクチャーをアドバイスします。
  • 組織再編において必要となる企業評価
    株式売買、第三者割当増資、事業譲渡、組織再編などの取引は、適正な価額(時価)で行うことが重要になります。税務の視点から、取引の状況やストラクチャーを踏まえた適切な評価・アドバイスを行います。